宮城のニュース

<宮城知事選>告示 現新2氏が届け出

(左)村井嘉浩氏(右)多々良哲氏

 任期満了に伴う宮城県知事選が5日告示され、ともに無所属で、新人の元団体役員多々良哲氏(59)=共産推薦=と、4選を目指す現職の村井嘉浩氏(57)の2人による戦いが確定した。3期12年続いた村井氏の県政運営への評価、東日本大震災からの復興に向けた取り組みの方向性が主な争点。東北電力女川原発の再稼働の是非を巡っても論戦が交わされる見通し。
 投票は衆院選(10日公示)と同じ22日で、即日開票される。知事選と衆院選の同日選は初めてで、投票率の動向も注目される。
 4日現在の有権者は194万7066人。

 多々良候補は午前9時、仙台市青葉区の一番町平和ビル前で第一声を上げた。支持者らを前に「村井県政は県民の暮らしに冷たい。県民と共に人、食、環境を大切にする宮城を築いていきたい」と力を込めた。
 推薦する共産党のほか、支援する社民党、衆院選で連動する野党系の立候補予定者らが顔をそろえ、連帯感をアピール。元宮城県鹿島台町長の鹿野文永選対本部長は「原発ゼロ、石炭火発ノーを求める県民の声が争点になる」と強調した。
 子ども医療費助成や少人数学級の拡大など、医療や福祉を重視する県政への転換を打ち出す。女川原発再稼働の是非を問う県民投票の実施を公約に盛り込み、村井県政への対決姿勢を鮮明にして選挙戦に挑む。
 村井候補は予定より30分遅れて、午前10時半から加美町宮崎の旭地区公民館駐車場で第一声。「震災発生から6年7カ月、復興を最優先に取り組んだ。被災者のケアなど次の4年間で復興を形にする」と訴えた。
 支援する自民、公明両党の県議や地元町議らが集まり、与党色を印象付けた。衆院選で地元選挙区から立候補を予定する自民前議員も応援に駆け付ける中、中山間地域の農業振興策などに言及した。
 2020年度までの県震災復興計画を踏まえた復興の総仕上げが公約の柱。広域水道3事業の一体化に伴う官民連携推進も目玉の一つ。製造業を中心とした産業振興策の継続のほか、子育てや医療、介護分野の施策強化にも重点を置いた。
 知事選と衆院選の同日選は初めてで、投票率の動向も注目される。4日現在の有権者は194万7066人。

<宮城県知事選立候補者>
◎人・食・環境を重視/多々良哲氏 59 元あいコープ専務理事無新
 たたら・さとし 大阪府出身。東北大理学部中退。83年あいコープみやぎに入り、08年から今年9月まで専務理事。放射能汚染廃棄物一斉焼却に反対する県民連絡会事務局長。(共産推薦)

◎被災者のケア形に/村井嘉浩氏 57 知事無現(3)
 むらい・よしひろ 大阪府出身。防衛大学校(理工学専攻)卒。陸上自衛隊東北方面航空隊を経て松下政経塾入り。95年から宮城県議3期。05年知事選で初当選し、現在3期目。


2017年10月05日木曜日


先頭に戻る