宮城のニュース

コメどころで注目「ネタのないすし」 あのブランド米のうまさ伝える

 ◇…宮城県大崎市であったササニシキ系のブランド米「ささ結」の新米試食会。注目を集めたのは「ネタのないすし」。ささ結の応援団長を自認する、すし店主千葉君夫さん(68)が握った大きなすし飯だ。
 ◇…酢との相性の良さが分かると、大きな俵型にして提供。粒が立ち、はらりと崩れるすし飯に地元農協幹部らが「おいしい」と絶賛した。
 ◇…農水省幹部のハートも射止めたという千葉さんのすし飯。「ネタはなくともコメは育つ」とばかりに、販路拡大を狙うささ結の強力な援軍だ。(大崎)


関連ページ: 宮城 経済

2017年10月05日木曜日


先頭に戻る