宮城のニュース

<ベガルタ>ジャーメインが公式戦デビュー

 流通経大4年のジャーメインが後半16分に出場し、公式戦デビューを飾った。「8000人のサポーターの熱狂が伝わった。ゴールを決めたかった」とほろ苦い表情で振り返った。
 右の内転筋を痛めたクリスランに代わり、急きょ出番が回ってきた。試合には「落ち着いて入れた」が、「守備に追われる状況になってしまった。相手の裏のスペースを狙いたかった」と不完全燃焼に終わった。
 「仕留めていれば…」と悔やむのが、後半終盤、ゴール前でフリーで放ったシュートがGKに阻まれた場面。渡辺監督は「決めてほしかったが、能力の片りんは見せてくれた」と、来季入団が内定しているストライカーの健闘をたたえた。


2017年10月05日木曜日


先頭に戻る