宮城のニュース

<中秋の名月>政宗像照らす 仙台

伊達政宗騎馬像の前に、くっきりと浮かんだ中秋の名月=4日午後5時30分ごろ、仙台市青葉区

 「中秋の名月」の4日、東北地方は日本海側で雨が降ったが、太平洋側では晴れ間が広がり、お月見を楽しむことができた。名月が10月にずれ込んだのは8年ぶり。
 仙台市青葉区の仙台城跡では、ライトアップされた騎馬像の伊達政宗が、蒼然(そうぜん)と輝く名月を眺めているような光景が浮かび上がった。
 中秋の名月は旧暦8月15日の月を指す。満月は今月6日だが、明るさは遜色なく、見事な月を眺めることができた。「後(のち)の月」と呼ばれる十三夜(旧暦9月13日の月)は、来月1日になる。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2017年10月05日木曜日


先頭に戻る