宮城のニュース

<仙台国際ホテル暴行>障害者女性 被害申し立て

暴行被害を申し立てるため、仙台中央署を訪れる鎌田さん=6日午前10時ごろ

 仙台市青葉区の仙台国際ホテルの洋食部門に勤務する40代の男性料理長ら3人から暴行を受けたとして、宮城野区の同ホテル従業員鎌田あゆみさん(21)=休職中=が6日、仙台中央署を訪れ、口頭で被害を申し立てた。同署は今後、関係者から事情を聴く方針。
 鎌田さんによると、フレンチレストラン「セラン」に勤務していた2016年7〜12月、調理場で料理長から「息が合わない」と左頬を右手で殴られ、鼻血が出るなどした。今年1月2日にも料理長から腰付近を蹴られ、調理場で転倒したという。
 40代の男性従業員からは「食材を取ってくるのが遅い」としかられ、顔や首をわしづかみにされた。20代の元従業員の男性からはガス台近くで無理やり頭を押さえつけられ、頭髪を焼かれたという。
 ホテルによると、鎌田さんから「料理長に暴力を振るわれた」との訴えが1月2日にあり、同日中に母親(42)を交えて面談。ホテル側は料理長が膝で突き飛ばした事実を認め、謝罪した。
 ホテル側は河北新報社の取材に「社内調査を尽くしたが、1月2日以外の事実は一切ない」と話した。
 鎌田さんは2016年4月に同ホテルに正社員として採用され、同7月ごろにセランに配属された。生まれつき両脚にまひがあり、障害等級は4級。


関連ページ: 宮城 社会

2017年10月06日金曜日


先頭に戻る