宮城のニュース

<衆院選東北・決戦焦点>宮城 野党再結集、牙城崩すか

 10日公示の衆院選は、22日の投開票に向け、前哨戦が熱を帯びる。前回2014年は、自民党が東北25小選挙区のうち19を制し圧勝。選挙区が23に減った今回、新党「希望の党」の出現で構図は書き換わった。危機感を抱く自民に、共闘の枠組みが一変した野党がどう攻め込むか。東北各県の決戦の焦点を見る。
 ◇
 6小選挙区のうち、5議席を占める自民前議員の牙城を切り崩そうと、いずれも民進系の立憲民主新人、無所属前議員と元議員を軸に、野党が共闘態勢の構築を急ぐ。3人を擁立した希望への支持動向が、各選挙区の情勢を左右しそうだ。
 1区は自民、希望、立民、維新、諸派など。2区は自民と野党系無所属の一騎打ち。3、4区は自民、希望、共産が争う構図。5区は自民と野党系無所属、6区は自民と共産がそれぞれ激突する。1、2区は共産が立民と無所属の支援に回り、候補者を取り下げた。

 自民は1、2区を重点区に位置付ける。4選を目指す1区の前議員は、同日選の宮城県知事選に立候補した現職と連携を強める。6選を狙う2区の前議員は、野党共闘の後押しを受ける元議員との一騎打ちに危機感をにじませる。
 民進の事実上の解党で1区の新人は立民、2区の元議員は無所属、3、4区の新人2人は希望、5区の前議員は無所属に分かれた。1区には民進を離れた新人が希望から参戦する。政権批判票の受け皿が割れ、自民に有利との見方もある。

 公明は全選挙区で自民候補を推薦した。比例東北は定数1減の13となるが、2議席の維持を最優先目標に掲げる。選挙協力する自民からの支援を受け、県内で13万5000票の比例票獲得を目指す。
 共産は民進から希望への合流方針を踏まえ、共闘の解消を一時検討した。立民と無所属からの立候補が決まった1、2、5区には候補者を出さず、野党勢力の再結集を図った。希望の候補者がいる3、4区や自民と一騎打ちになる見通しの6区には新人を擁立し、比例票の上積みも狙う。
 社民と日本のこころはともに選挙区には候補者を擁立せず、比例東北の1議席を目指して全力を挙げる。

◎小選挙区立候補予定者
 【1 区】 (6)
土井  亨59 復興副大臣    自前(3)(公推)
伊藤 優太32 仙台市議     希新 
岡本 章子53 党県代表     立新 
畠山 昌樹43 医師       維新 
油井 哲史37 幸福実現党県代表 諸新 
今留 尚人52 医師       無新 

 【2 区】 (2)
秋葉 賢也55 党政調副会長   自前(5)(公推)
鎌田さゆり52 元衆院議員    無元(2)

 【3 区】 (3)
西村 明宏57 元国交副大臣   自前(4)(公推)
一條 芳弘44 元衆院議員秘書  希新 
吉田  剛35 党地区常任委員  共新 

 【4 区】 (3)
伊藤信太郎64 元外務副大臣   自前(5)(公推)
坂東 毅彦58 医師       希新 
高村 直也34 党県常任委員   共新 

 【5 区】 (2)
勝沼 栄明42 医師       自前(2)(公推)
安住  淳55 民進県代表代行  無前(7)

 【6 区】 (2)
小野寺五典57 防衛相      自前(6)(公推)
横田 有史73 党県副委員長   共新 


2017年10月07日土曜日


先頭に戻る