宮城のニュース

<一力七段 2タイトル戦に挑む>天下分け目の10番勝負

 囲碁の井山裕太6冠(28)=棋聖、本因坊、王座、天元、碁聖、十段=に仙台市出身の一力遼七段(20)がダブル挑戦する第43期天元戦と第65期王座戦が11日の天元戦第1局を皮切りに始まる。名人戦に挑戦中の井山6冠は、再び7冠同時制覇を目指しながらの防衛戦。一力七段は初の7大タイトル獲得が懸かる。

◎第43期天元戦 第65期王座戦、11日開幕

 井山裕太6冠は昨年11月、名人を失冠し、7冠から6冠に後退した。だが、直後に王座、天元戦を防衛し、今年に入ってからも棋聖、十段、本因坊、碁聖戦で挑戦者をことごとく退けて6冠を堅持し、日本囲碁界の第一人者であることをあらためて印象づけた。
 現在、7冠復帰を目指して戦っている名人戦でも3勝1敗と好調。本人も「ここ数年で最も調子がいい」と言っているように棋士人生の中で今が絶頂期だ。
 碁を組み立てる序盤の構想力、深い読み、劣勢になったときに紛れを求め、逆転してしまう対応力はますます磨きがかかり、他の追従を許さないレベルに達している。死角がなく、多くの対戦相手は「どう打てば勝てるか分からない」と井山6冠の碁を分析しても勝てる要素を見いだせないでいる。
 昨年、天元戦で井山6冠に挑戦した一力遼七段は1勝3敗で涙をのんだ。「総合的に見てまだ及ばないところが多い」と差を認める。
 それから1年、悔しさをバネに囲碁に取り組み、今年これまで40勝10敗と勝率8割の成績を挙げている。師匠の宋光復九段は「前より深く踏み込み、ぎりぎりの手を打とうとしている」と話す。40勝の中には、わずかな隙を突いて一気に相手の石をつぶし、圧勝した碁がかなりあった。碁の内容が一層厳しくなったと評価が高い。
 両者の対戦成績は井山6冠の5勝3敗。8局ともどちらかの中押し勝ちで、僅差の作り碁となった勝負はない。それだけ激戦になる碁ばかりだった。
 今度の天元、王座戦の合計10番勝負も厳しい戦いが予想される。両者とも妥協しないで最強手の応酬となりそうだ。
 一力七段は「これまでの対局と同じように激しい戦いの碁になると思う。ねじり合いの中で勝機を見つけたい」と意気込みを語る。
 井山6冠が防衛すれば天元戦、王座戦とも3連覇となる。
 一力七段が天元を奪取すれば第37期の井山十段(当時)の22歳5カ月を大幅に更新する最年少獲得記録となる。王座を第4局までに獲得すると第24期で趙治勲七段(当時)が作った20歳5カ月の最年少記録に並ぶ。
 一力七段は棋聖戦でも挑戦者決定戦まで勝ち進んでおり、勝てば来年1月からの7番勝負で再び井山6冠と対局する。「井山VS一力」戦は今後、囲碁界の雌雄を決する熱くて長い戦いになる。(河北新報囲碁記者 田中章)


◎日程

【天元戦】
第1局 10月11日(水)愛知県豊田市「ホテルフォレスタ」
第2局 10月27日(金)札幌市「ホテルエミシア札幌」
第3局 11月24日(金)福岡県宗像市「宗像ユリックス」
第4局 12月11日(月)兵庫県洲本市「ホテルニューアワジ」
第5局 12月20日(水)徳島市「徳島グランヴィリオホテル」

【王座戦】
第1局 10月20日(金)横浜市「横浜ロイヤルパークホテル」
第2局 11月18日(土)神戸市「ホテルオークラ神戸」
第3局 11月20日(月)神戸市「ホテルオークラ神戸」
第4局 12月1日(金)仙台市「仙台ロイヤルパークホテル」
第5局 12月15日(金)新潟県南魚沼市「龍言」


関連ページ: 宮城 社会

2017年10月07日土曜日


先頭に戻る