福島のニュース

<衆院選福島>民進玄葉氏 3区から無所属で出馬

 民進党の玄葉光一郎元外相(53)は6日、須賀川市の事務所であった選対本部会議に出席し、希望の党の公認を受けずに無所属で衆院選福島3区から立候補する意向を明らかにした。
 玄葉氏は民進を代表し希望側と全国の公認調整に当たってきた。「公認漏れとなった人たちの気持ちや立場を考えると心苦しい」と理由を説明した。
 前原誠司代表が合流を決めたことについては「化学反応を起こし政権交代可能な二大政党をつくろうとした」と説明。「民進は政権を担うには左に寄り過ぎていた。より現実的な外交安全保障政策を遂行できる穏健な保守政党をつくる必要がある」と理解を求めた。
 無所属での立候補は中選挙区時代の福島2区で初当選した1993年以来。玄葉氏は「日本と自分自身をリセットする気持ちで戦いたい」と語った。
 福島3区には自民党新人上杉謙太郎氏(42)、共産党新人橋本健二氏(69)も立候補を予定している。


2017年10月07日土曜日


先頭に戻る