宮城のニュース

<楽天>久保と宮川、育成契約へ

 東北楽天は7日、久保裕也(37)、宮川将(26)の両投手と来季の支配下選手契約を結ばないと発表した。両投手と今後、育成選手として契約を結ぶ予定。
 久保は2016年にDeNAを戦力外となり、17年に東北楽天のテストを受けて入団。今季は中継ぎで27試合に登板し、3勝1敗6ホールド、防御率3.60。9月上旬に1軍選手登録を抹消され、その後、右手指の一時的な血流低下の診断を受けていた。
 宮川は13年に大体大から育成ドラフト1位で入団し、同年に支配下選手へ昇格。右肘の故障で14年オフに育成契約に戻り、16年7月に再び支配下選手となったが、今季は1軍での登板がなかった。


2017年10月08日日曜日


先頭に戻る