宮城のニュース

<衆院選宮城>街へ浜へ各陣営奔走 4〜6区初日の表情

復興住宅の前で街頭演説する候補者=10日午後4時20分ごろ、南三陸町志津川

 衆院選が10日公示され、県内の6小選挙区には前回より2人少ない18人が立候補を届け出た。秋色に染まりつつある街並みや田園地帯、沿岸部に選挙カーで飛び出し、懸命に支持を呼び掛ける候補者。22日の投開票に向け、12日間の激しい舌戦がスタートした。

◎4区

 自民党の伊藤信太郎氏は塩釜市で事務所開きをした後、第一声を上げた。約250人が見守る中、「今回はどの政権が日本、国民を守れるかを問う選挙。選択を誤ったら日本の未来は危うくなる」と断じた。
 選挙区内の首長らが駆け付け、その1人は「大変厳しい戦いだ」と訴え、陣営を引き締めた。伊藤氏は午後、多賀城市、七ケ浜、利府両町を車で回り「実行力」をアピールした。
 希望の党の坂東毅彦氏は、多賀城市のJR仙石線多賀城駅前で第一声。「永田町のためだけの政治を変えたい」と言葉に力を込めた。連合宮城の大黒雅弘事務局長が応援マイクを握り、「安倍1強」政治からの脱却を訴えた。
 民進党の県選出参院議員が選挙カーに同乗し、多賀城市役所前で街頭演説。七ケ浜町や富谷市にも入り、大型商業施設前などで支持を訴えた。
 共産党の高村直也氏は、比例代表東北ブロックに立候補した共産新人で元仙台市議の舩山由美氏と共に塩釜市本町の事務所前で第一声を上げた。集まった約60人の支持者らを前に「暴走する安倍政権を退場させて、憲法9条を守り抜く」と力強く訴えた。
 選挙カーは塩釜、多賀城両市に加え、利府、七ケ浜両町内にも入り、初日だけで計11カ所の街頭演説をこなした。

◎5区

 自民党の勝沼栄明氏は石巻市の事務所で出陣式をした。同市蛇田の農協施設では約200人の支持者を前に「今こそ実行力のある政治の力が必要だ。与党の一員としてしっかり働かせてほしい」と力を込めた。
 地元の県議や首長が応援演説し「共産党の支援を受ける無所属候補に負けられない」と強調。新たに5区に編入された松島、大郷、南三陸3町を選挙カーで巡り、支持を呼び掛けた。
 民進系無所属の安住淳氏は石巻市の事務所で第一声。東日本大震災の津波で大きな被害を受けた同市の河北、雄勝両町、南三陸町の商店街「ハマーレ歌津」などに足を運んだ。
 街頭では「大義のない解散。皆さんの一票で安倍首相のおごりを正してほしい」と主張。被災者の生活が再建途上にある沿岸部を駆け巡り「最後まで責任を持って復興をやり遂げる」と訴えた。

◎6区

 自民党の小野寺五典氏は北朝鮮情勢対応で東京に待機。地元県議らが集まった大崎市役所前の第一声では電話で支持を訴えた。150人を前に「初めて地元に戻らない選挙。守ってください」と力を込めた。
 県議らは栗原、登米、気仙沼各市を回り、各地で本人による電話の呼び掛けがあった。250人が集まった気仙沼市では「古里気仙沼の再興のために力を尽くしたい」と強調した。
 共産党の横田有史氏は大崎市古川の選挙事務所前で支持者約50人を前に第一声を上げた。「森友、加(か)計(け)学園問題をごまかすための解散を許してはならない。安倍暴走政権に審判を下すのは今だ」と訴えた。
 市内約20カ所で街頭演説し、アベノミクスを批判。「暮らしぶりが上向いた人など誰一人としていない。消費税増税は有権者への冒(ぼう)涜(とく)だ。国民の生活を必ず守り抜く」と強調した。


2017年10月11日水曜日


先頭に戻る