宮城のニュース

<南三陸町長選>阿部氏が出馬へ 現職と一騎打ちか

 任期満了に伴う宮城県南三陸町長選(17日告示、22日投開票)に同町の一般社団法人代表阿部寛行氏(55)が無所属で立候補する意思を固めたことが10日、分かった。現職の佐藤仁氏(65)は4選を期し無所属での立候補を表明しており、選挙戦が確実になった。
 阿部氏は盛岡市出身。東日本大震災後、復興支援のボランティアとして町内で活動し、現在は観光事業や震災の教訓を伝える運動を展開する。河北新報の取材に「組織の支援がない1人のボランティアの立場から、次世代の子どものための政策を訴える」と話した。11日に正式に立候補を表明する見通し。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2017年10月11日水曜日


先頭に戻る