宮城のニュース

政党ポスター盗んだ疑い、男を逮捕「景観を損ねるためはがした」

 仙台北署は10日、盗みの疑いで、仙台市青葉区桜ケ丘6丁目、無職谷津隆夫容疑者(76)を現行犯逮捕した。逮捕容疑は同日午前5時15分ごろ、同区の民家のフェンスに張られた政党ポスター(300円相当)1枚を盗んだ疑い。「政党ポスターが多く、景観を損ねるためはがした」と容疑を認めている。
 北署によると、現場付近では8月ごろから政党ポスターがなくなったり、切りつけられたりする事件が約20件発生し、関連を調べている。今回盗まれたポスターは22日投開票の知事選や衆院選と関係なく、日頃から張られていたという。


関連ページ: 宮城 社会

2017年10月11日水曜日


先頭に戻る