宮城のニュース

<楽天>立花社長、梨田監督の去就「オーナーと話し最終判断」

 東北楽天の立花社長は77勝63敗3分けの3位で終えた今季を総括し、「スタートダッシュを決めたが、夏に苦しい時期があり、悔しいシーズンだった」と振り返った。
 初の日本一となった2013年以来のAクラス(3位以内)に導いた梨田監督については「しっかりチームをリードしてくれた」と評価。来季の去就については「(CS終了までの間に)三木谷オーナーと話し、最終判断することになる」と語った。


2017年10月11日水曜日


先頭に戻る