宮城のニュース

<楽天>西武と14日からCSファーストステージ

東北楽天、今季の西武戦成績
東北楽天、過去のプレーオフ成績

 東北楽天は2017年シーズンを、初のリーグ王者と日本一となった13年以来、4年ぶりのAクラス(3位以内)となる3位で終え、日本シリーズ出場を懸けたクライマックスシリーズ(CS)に駒を進めた。
 前半戦の首位快走から後半戦は失速したものの、CSに向けて投打とも状態が上向いている。選手会長の銀次は「攻める気持ち」を掲げ、チームを引っ張る。
 2位西武とのCSファーストステージ(3試合制)は14日から埼玉県所沢市のメットライフドームで始まる。今季は8勝16敗1分けと大きく負け越し、中でも相手エース菊池(岩手・花巻東高出)には8連敗と苦しめられたが、短期決戦で雪辱を果たしたい。
 西武に勝てば18日から福岡市のヤフオクドームで、優勝したソフトバンクとのCSファイナルステージ(6試合制、優勝チームに1勝のアドバンテージ)が待っている。ここを突破すれば日本シリーズ進出が決まる。今季のチームスローガンは「東北・夢・再び」。再び日本一に輝くための道は開かれている。

東北楽天、今季の西武戦投打成績

2017年10月12日木曜日


先頭に戻る