宮城のニュース

不明女性のカード使用 韓国籍の男を詐欺罪で起訴

 他人名義のクレジットカードを使用したとして福島地検は13日、詐欺罪で大崎市古川清水沢、韓国籍の無職李承鎬(イスンホ)容疑者(36)を起訴した。
 起訴状によると、昨年7月7日、富谷市のバイク用品店で他人名義のカード3枚を使い、名義人の家族を装ってオートバイ保管庫など(計約35万円相当)をだまし取ったとされる。
 捜査関係者によると、カードの名義人には李被告の知人で、昨年夏から行方不明になっている福島市の40代女性が含まれているという。


関連ページ: 宮城 社会

2017年10月14日土曜日


先頭に戻る