宮城のニュース

<千年希望の丘遺棄>「知人男性に会う」被害女性、外出時家族に告げる

千年希望の丘付近の死体遺棄現場で実況見分を行う捜査員ら=2017年10月10日午前10時15分ごろ、岩沼市押分の二野倉公園南側空き地

 岩沼市押分の千年希望の丘周辺で、仙台市太白区四郎丸、無職高松瑞絵さん(54)が遺体で見つかった事件で、高松さんが9月30日夜に外出する際、家族に「知人男性に会う」と告げていたことが13日、捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、知人男性は塩釜市の男性(56)。生前の高松さんが最後に会った人物とみられ、岩沼署捜査本部が重要参考人として事情を聴いている。
 男性は10日、「(岩沼の死体遺棄事件で)話したいことがある」と塩釜署に出頭。高松さんと出会い系サイトで知り合い、何度か会ったことを認めたが、事件への関与は否定しているという。
 捜査本部によると、高松さんの遺体は8日朝、希望の丘敷地内にある二野倉公園南側の空き地で見つかり、死後約1週間が経過していた。死因は多発性外傷で車にひかれた可能性があり、捜査本部は男性が任意提出した軽乗用車を調べている。


関連ページ: 宮城 社会

2017年10月14日土曜日


先頭に戻る