宮城のニュース

<楽天>きょう西武とCS第1戦 選手ら最終調整

 東北楽天は13日、埼玉県所沢市のメットライフドームで約2時間練習した。
 リーグ戦最終登板から中5日で第1戦に先発する則本ら投手陣が内野手との守備練習で連係を確認した。この日から合流した今江、アマダー、村林の3内野手、オコエ外野手の4人も守備練習で軽快な動きを見せた。
 東北楽天としては3度目のCS進出だが、3位でファーストステージを戦うのは初めて。梨田監督は「(順位で)下からいくから怖いものはない。(西武の)胸を借りるつもりでいく」と挑戦者の姿勢を前面に打ち出した。

☆梨田の話ダ
<長打の右打者>
 「菊池相手に10打数1安打とはいえ、1本は本塁打。長打のある右打者として、出る可能性は高い」(オコエに期待を込めて)

☆イヌワシろっかーるーむ

<村林一輝内野手(高卒2年目でCSメンバーに抜てきされる)>
「10日のロッテ戦で1軍初出場し、自分が1軍で活躍するイメージを持つことができた。(守備固めの起用が見込まれるが)常に準備はしているので、あとは試合に出た時に平常心で臨みたい」

<釜田佳直投手(1軍に合流。16日の第3戦から選手登録が可能)>
「どんな状況で呼ばれても持てる力を発揮したい」


2017年10月14日土曜日


先頭に戻る