宮城のニュース

<楽天>嶋「最少失点で」VS「楽天を倒す」秋山

開幕を前に記者会見に臨んだ(右から)東北楽天の銀次、嶋、西武の浅村、秋山=2017年10月13日、メットライフドーム

 14日からパ・リーグのCSファーストステージを戦う東北楽天の嶋、銀次と、西武の浅村、秋山(八戸大出)の計4選手が13日、試合開催地となるメットライフドームで記者会見した。日本シリーズ出場権を懸けた戦いへの決意を述べた。
 東北楽天の嶋は西武の攻撃力について「ホームランを打ったり、ファウルで粘って四球を選んでから足を絡めたりしてくる」と捕手として警戒感を示した。その上で「バッテリーとして最少失点でしのいで勝機を見いだす」と展望。第1戦先発の菊池に対しても「チームとして非常に苦手にしているが、短期決戦は別物と思って戦わないと勝てない」と立ち向かう姿勢を強めた。
 銀次も「とにかく気持ちが大事」と気迫をにじませ、「一球一球にしっかり集中して戦う」と好球必打の構えを強調した。
 西武の浅村は「東北楽天は投手も打者も総合的にいいチーム。簡単に勝てるチームでない」と認めた上で、「チーム一丸で戦う」と迎え撃つ姿勢を見せた。秋山も「1点を取りにいくときの雰囲気づくりがうまい」と印象を語る一方で、「目の前の楽天を倒す」と必勝を期した。


2017年10月14日土曜日


先頭に戻る