宮城のニュース

<楽天>CS地元からエール送ろう!コボパ宮城などでPV開催

 プロ野球東北楽天が14日から臨むクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージの西武戦(埼玉県所沢市・メットライフドーム)を大勢で応援しようと、仙台市宮城野区のKoboパーク宮城(コボパ宮城)などでパブリックビューイング(PV)が開かれる。
 コボパ宮城では球団が主催し、「スマイルグリコパーク」と「イーグルスドーム」で連日開催する。いずれも入場無料。開場は14、15日は午前10時、16日は午後5時で、飲食売店の営業もある。
 JR仙台駅東口の「エスパル仙台東館 楽天イーグルスグッズショップ」横では、地元商工団体などがPVを実施。東北楽天が運営するコミュニティーFM局の公開生放送があり、テレビを設置して応援する。元選手の牧田明久、鉄平の両ジュニアコーチが日替わりで解説を務め、試合開始の1時間前には鉄平コーチらが組むバンドのミニライブも行われる。


2017年10月14日土曜日


先頭に戻る