宮城のニュース

最後の集団移転団地「二子団地」鍵引渡し始まる

災害公営住宅の入居がようやく始まった二子団地

 東日本大震災で被災した宮城県石巻市で最後の防災集団移転団地となる二子団地(同市小船越)で14日、第1工区の災害公営住宅75戸の鍵の引き渡しが始まった。入居者は順次、引っ越し作業に取り掛かる。
 第1工区は河北、雄勝の両地区で被災した住民が対象で、市河北総合センターで入居の届け出や住所変更などの手続きについて説明を聞き、鍵を受け取った。
 市内のプレハブ仮設住宅で6年以上暮らす会社員小野寺俊郎さん(69)は「2、3年で災害公営住宅に入れると思っていたが、思った以上に長かった。待ちに待ってやっと入れる」と感慨深そうに語った。
 二子団地は道の駅「上品(じょうぼん)の郷」南側の農地19.4ヘクタールを地盤改良し、3工区に分けて整備している。災害公営住宅は第2工区の39戸を来年7月、第3工区の113戸を来年9月に引き渡す予定だという。
 市は防災集団移転促進事業で市内46地区の造成に着手。二子団地以外は全て造成が終わり、住宅整備が進んでいる。


2017年10月15日日曜日


先頭に戻る