宮城のニュース

<楽天>則本7失点 大乱調、エース形なし「修正できなかった」

1回西武1死一塁、浅村(左)に先制2ランを許し、打球の行方を見る東北楽天先発の則本。捕手嶋(川村公俊撮影)

 いつものエースの姿ではなかった。第1戦の先発を託された東北楽天の則本が序盤に崩れ、4回7失点とまさかの内容で降板した。「大事な試合で情けない投球をしてしまった」。チームを勝利に導けず、悔しさだけが残った。
 西武・菊池とのエース対決となった一戦。明暗を分けたのが一回の攻防だ。
 菊池が得点圏に走者を背負いながらも無失点でしのいだのとは対照的に、則本は1死から死球で走者を出し、浅村に左翼席への先制2ランを浴びた。「細かいコントロールができなかった。それが全て」。この回だけで計3四死球。出だしでつまずいた。
 右腕の投球に打者を圧倒するすごみは戻らなかった。「ああいう則本を見たのは初めて。あの5点が試合を決める形になった」と梨田監督も想定外だったのが三回。四球絡みで無死満塁のピンチを招き、1死後に犠飛と適時打3本で5失点。生命線の外角の制球が思うように定まらず、則本は「修正できなかった」と強力打線にのみこまれた。
 0−10の惨敗。痛い形で初戦を落とし、崖っぷちに立たされた。梨田監督は「何とかやるしかない」と言葉を絞り出す。敗れるとCS敗退が決まる2戦目の先発は、則本と双璧をなす岸。後輩の無念を晴らし、チームに勢いを取り戻したい。(佐々木智也)


2017年10月15日日曜日


先頭に戻る