宮城のニュース

<楽天>梨田監督続投へ CS進出の手腕評価

梨田 昌孝監督

 プロ野球の東北楽天が梨田昌孝監督(64)に来季の指揮を託す方針を固めたことが14日、関係者への取材で分かった。近日中に正式発表される見通し。
 東北楽天は2013年に初のパ・リーグ王者と日本一に輝いた後、14年から2年連続でレギュラーシーズン最下位の6位に低迷したが、梨田監督が就任した16年は5位に浮上。球団は就任2年目の今季、3位に引き上げてクライマックスシリーズ(CS)に進出させた手腕を評価し、契約延長を判断したとみられる。球団首脳が13日に梨田監督と面会し、今後に向けて話し合ったもようだ。
 梨田監督は00年以降、近鉄、日本ハムの監督を務め、両チームでリーグ優勝を達成している。今季の東北楽天は開幕ダッシュに成功し、8月中旬まで首位を快走。最終的に3位になったものの、4年ぶりにAクラス(3位以内)入りを果たし、球団史上2番目に多い貯金14(77勝63敗3引き分け)を記録した。


2017年10月15日日曜日


先頭に戻る