宮城のニュース

<宮城知事選>ラストサンデー 県都で集票合戦

知事選候補者の街頭演説に耳を傾ける有権者=15日、仙台市青葉区

 任期満了に伴う知事選(22日投開票)で、期間中最後の日曜日となった15日、ともに無所属の新人多々良哲候補(59)=共産推薦=、4選を目指す現職村井嘉浩候補(57)の両陣営は、仙台市内で集票合戦を繰り広げた。
 多々良候補は「街なか大作戦」と銘打ち、青葉区一番町の商店街を共産、社民、民進各党の県議、仙台市議らと練り歩いた。街頭演説で「トップダウンの県政を変える」と強調。東北電力女川原発の再稼働反対などを訴えた。
 村井候補は終日、知事の公務をこなしていたため、陣営スタッフが票固めに奔走した。大勢の市民でにぎわう宮城野、若林、太白各区の区民祭り会場周辺などに選挙カーを走らせ、候補者名を連呼。県政の継続を呼び掛けた。

<宮城知事選立候補者>
多々良哲 59 元あいコープ専務理事 無新(共推)
村井嘉浩 57 知事         無現(3)


2017年10月16日月曜日


先頭に戻る