宮城のニュース

<楽天>岡島が好走塁 貴重な追加点

7回東北楽天2死一、二塁、茂木の適時内野安打で生還する二走岡島。左は次打者藤田

 東北楽天は3−0の七回、岡島の好走塁と真喜志三塁コーチの好判断で貴重な追加点を奪った。
 2死一、二塁で茂木の打球は中前へ抜けそうだったが、二塁手浅村が追い付いて一塁へ送球。俊足の茂木がセーフになった。フルカウントだったため、二走岡島は投球後にスタートし、「茂木なら十分セーフ」と信じて勢いよく三塁を回って生還。真喜志コーチは「浅村が本塁に投げないか不安はあった」と振り返りながらも、「茂木の足なら内野安打になる」という瞬時の判断が的中した。
 梨田監督は「あの場面は三塁コーチも良かったが、岡島も次の塁を取る気でいてくれた。あの4点目は大きかった」とたたえた。


2017年10月16日月曜日


先頭に戻る