宮城のニュース

<B2仙台>奈良下し連勝

奈良−仙台 第1クオーター、シュートを決める仙台・石川

 15日、奈良市のならでんアリーナなどで行われ、仙台が奈良に82−68で快勝し、2連勝となった。福島は青森を87−78で下し、4勝目を挙げた。青森は勝ち星なしの6敗目を喫した。秋田は信州に86−62で大勝し、開幕6連勝とした。山形は岩手に77−65で勝った。
 次節は21日から、仙台はカメイアリーナ仙台で岩手と、福島は福島市国体記念体育館で奈良と、山形は天童市スポーツセンターで群馬と、青森は三沢市国際交流スポーツセンターで秋田と、それぞれ顔を合わせる。

仙台(3勝3敗) 82 26−18 68 奈良(1勝5敗)
           21−15
           25−17
           10−18
▽観衆 741人(奈良)

◎失点60点台は評価 仙台・後藤敏博監督の話
 60点台に抑えられたのは評価できる。コーチ陣もスカウティングをやってくれ、選手が遂行してくれた。上を目指すにはもっともっと成長しなければいけない。来週からもディフェンスをしっかりして強いチームにしていきたい。


2017年10月16日月曜日


先頭に戻る