宮城のニュース

<仙台満店>遊び心あふれる一点物

一つ一つ表情が異なる腕時計。オーダーメードで2万円代から。真ちゅう製のボディーと本革のベルトは、使い込むほどに味が出る
愛着が湧く「手巻き式」(両端)は、根強い人気だそう。機械部分がチラリとのぞく文字盤が、大人の少年心をくすぐる
併設の工房で。真ちゅうの板を切り出して溶接し、本体の枠を作る。「時間がかかっても全部自分で」と、細かい部品も外注しない

◎ファッション小物 KEN HAND MADE WATCH(青葉区)

 例えばカフェで向かい合ったときや、待ち合わせ相手が手を挙げて合図したとき。手首にセンスの良い時計が見えたら、ほれ直してしまいませんか。装いに個性をプラスする腕時計に出合える店が「KEN HAND MADE WATCH(ケン・ハンドメイド・ウォッチ)」です。
 ガッチリとして素朴なぬくもりを感じるもの、ディテールにこだわった繊細なデザインのもの、「ムーブメント」と呼ばれる機械の内部が見えるもの…。店内にある全てが一点物。革のベルトや文字盤の数字に至るまで、機械部分を除くほぼ全部のパーツを、オーナーの嶋健祐(けんすけ)さん(43)が1人で作ります。
 ゼネコンの現場監督から時計職人に転身したのは、約15年前。「自分でも驚くほどハマって」、退職から数カ月後にはブランドを立ち上げていたそう。間借りスペースから始めて数年後に店を構え、今や全国からお客さんが訪ねてくる人気作家。「何千個作っても全然飽きない。面白くて仕方ないんです」と話す瞳は少年のようにキラキラです。
 楽しみながら作っているのは、遊び心あふれる文字盤で一目瞭然。くねくねと奔放に曲がった数字が一面を覆っていたり、見えないほど細く小さな針が時刻を示していたり。オーダーメードなら、誕生日やイニシャルを文字盤にあしらうこともあるとか。プレゼントに喜ばれそう。
 硬派な外観で、入るのに少々勇気がいるお店。でも扉の向こうにはワクワクする空間が広がっていますよ。(鶴)

[メモ]仙台市青葉区本町2の10の22第三太田ビル1階▽正午〜午後7時▽不定休。ホームページに当月の店休日を掲載▽手作り時計体験教室を随時開催。1万6200円。作った時計は当日持ち帰れる。詳細・予約は電話かホームページからメールで▽022(263)5081。


2017年10月16日月曜日


先頭に戻る