福島のニュース

ご当地バーガー一堂に ふくしまバーガーサミット

ビーフベーコンステーキバーガー
比内地鶏メンチカツバーガー

 東日本のご当地ハンバーガーが並ぶ「ふくしまバーガーサミット」が22日、福島県桑折町のふれあい公園で開催される。
 4年目の今回は、東北6県と北関東の計24団体が参加。富谷市の「ビーフベーコンステーキバーガー」は初参加で、牛肉のベーコンと仙台みそのソースが特長。「比内地鶏メンチカツバーガー」(秋田市)はメンチだけでなく、タルタルソースの卵も比内地鶏を使っている。
 サミットは、桑折町商工会青年部が東京電力福島第1原発事故の風評被害払拭(ふっしょく)を目指して始めた。来場者による投票でグランプリのバーガーを決める。投票権は一つ購入するごとに配布する。
 入場無料。連絡先は町商工会青年部024(582)2474。


関連ページ: 福島 社会

2017年10月16日月曜日


先頭に戻る