宮城のニュース

<八木山動物公園>ヘビ怖くないね 開園52周年イベント

恐る恐るヘビに触れる親子

 仙台市太白区の八木山動物公園は15日、開園52周年を記念したイベントを開いた。中学生以下が無料となり、大勢の親子連れが動物との触れ合いを楽しんだ。
 ウサギやヤギを触ったり、アフリカゾウにエサをやるなどのコーナーに人が集まった。普段は触れられないアオダイショウを首に巻くイベントもあり、子どもたちはヘビを恐る恐る両肩に乗せていた。太白区の柳生小4年阿部倫太君(9)は「ヘビの皮が冷たくて気持ちよかった。長くてニョロニョロしているところが好き」と笑顔で話した。
 八木山動物公園の開園は1965年10月15日。毎年、開園記念日直前の日曜日にイベントを開いている。


関連ページ: 宮城 社会

2017年10月17日火曜日


先頭に戻る