岩手のニュース

<衆院選岩手>小沢チルドレン 敵味方で応援合戦 一騎打ちの3区で恩しゅう渦巻く

 一騎打ちの衆院選岩手3区で、自由党代表の小沢一郎氏(75)に育てられた「小沢チルドレン」が敵味方に分かれて応援合戦を繰り広げている。その先頭に立つのは岩手選挙区選出の参院議員2人。恩しゅう渦巻く小沢政治を3区に追った。

 「中選挙区の時代以来、24年ぶりに一緒に戦えることを小沢もうれしく思っている」
 区割り改定で3区に編入された一関市東山町に16日、小沢氏の遊説隊が入った。マイクを握るのは自由党参院議員の木戸口英司氏だ。小沢氏の「名代」を自任して街頭演説に、個人演説会に、と駆け回る。
 木戸口氏は小沢氏の元秘書で、達増拓也知事の政務秘書も務めた。昨年の参院選では野党4党の共闘候補として自民党候補との一騎打ちを制した。
 聴衆に「参院選ではお世話になりました」と一言付け加えることも忘れない。参院選勝利の記憶を呼び覚まし、今回、無所属で立候補した小沢氏の元に野党勢力を再結集させる戦略だ。
 対する自民党前議員の藤原崇氏(34)=比例東北=の陣営は、自民党参院議員の平野達男氏が党県連の3区責任者に就いた。
 平野氏は2001年参院選に小沢氏率いる旧自由党から当選。12年の民主党分裂で小沢氏と決別し、昨年の参院選後に自民党入りした。15年知事選では反小沢氏勢力が擁立しようとした「幻の知事候補」だ。
 10日に一関市であった街頭演説では、安倍晋三首相と並び「私も自民党議員としては新人。政権安定のため頑張りたい」と訴えた。
 陣営関係者は「平野氏は2年後の参院選と知事選を両にらみで考えているのだろう。3区で勝てば、勢いも増す」と解説する。
 やはり12年の民主党分裂で小沢氏の元を離れた民進党県連代表で前衆院議員の黄川田徹氏は、政界引退を表明。「(3区に残る)私の後援会から自主投票を望む声が上がっている」と話し、小沢氏が呼び掛ける野党結集とは一線を画した。


2017年10月18日水曜日


先頭に戻る