宮城のニュース

100円パッ区→120円に 「市バスフリーパス」も値上げ 仙台市が方針

 仙台市が市バスの均一料金制度「100円パッ区」の料金を120円に値上げする方向で検討していることが18日、分かった。学生向け定期券「学都仙台 市バスフリーパス」も値上げする。昨年度8億6000万円の純損失を計上した市バス事業の収支改善策の一環で、来年度中の実施を目指す。
 100円パッ区は中心部の1.5平方キロメートルが対象。2002年に買い物客やビジネスマンの利便性向上を目的に始まった。
 共同で実施する宮城交通などと早期の合意を目指す。均一料金制度は維持し、名称を再検討する。
 フリーパスは1カ月定期5140円を800円程度値上げする方針。3カ月と6カ月の各定期、地下鉄との「市バス・地下鉄フリーパス」も対象とする。100円パッ区とフリーパスはもともと割引率が高く、値上げで年6000万〜7000万円の増収を見込む。
 また、市は12月3日、地下鉄南北線のダイヤを改正し、仙台駅での東西線との乗り換えをスムーズにする。午前9時〜午後4時の全列車の出発時刻を1分30秒ずつ繰り下げる。乗り換え客から「目前で電車が行ってしまう」といった苦情があり、検討していた。
 平日午前8時台には南北線を1往復増便し、朝の混雑解消を図る。8時台の平均混雑率は現在の151%から142%に改善される見込み。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2017年10月19日木曜日


先頭に戻る