宮城のニュース

<ザ・モール長町>きょうリニューアルオープン 22テナントが新規出店

19日に開業する子ども向けアミューズメント施設=18日、仙台市太白区のザ・モール仙台長町

 大手スーパー西友(東京)が運営するザ・モール仙台長町(仙台市太白区)は、1997年の開業以来最大規模の改装を終え、19日にオープンする。アミューズメントやファッション、飲食など東北初を含む22テナントが新規出店し、地元・長町地区の顧客の囲い込みを図る。
 長町地区に多く住む若いファミリー層をターゲットに、主に地上3階の本館をリニューアル。買い物に加え、親子で1日遊べる空間づくりを目指した。子ども向けの体験型アミューズメント施設「ひつじのショーン ファミリーファーム」が東北で初めて営業する。
 本館1階はフードコートエリアを拡充し、飲食テナントが2店増えて10店舗になる。座席数も350席から500席に増やす。フードコートと隣接するエリアには、東北初のチーズタルト専門店が出店する。
 新規を含む改装テナントは58店舗。ザ・モール仙台長町は全140店となる。
 報道向けなどの内覧会が18日にあり、西友の上垣内(かみごうち)猛最高経営責任者は「長町地区は住環境も変わり、若い世代が増えている。今後10年、20年の営業を考える中で、新たに生まれ変わる必要があると考えた。家族でゆっくり滞在できる空間にしたい」と話した。


関連ページ: 宮城 経済

2017年10月19日木曜日


先頭に戻る