宮城のニュース

強制執行妨害容疑 神戸山口組系の組長ら4人逮捕

 宮城県警暴力団対策課などは18日、強制執行妨害の疑いで、指定暴力団神戸山口組系組長の無職川尻雄喜(55)=自称石巻市立町2丁目=、元妻の不動産会社社長(56)と元義母(78)=ともに石巻市鋳銭場=、不動産会社社長の男(37)=同市新境町2丁目=の4容疑者を逮捕した。
 逮捕容疑は共謀して1月中旬、裁判所執行官の強制執行を妨害する目的で、雄喜容疑者が石巻市内で管理するビルの所有権を元義母に譲渡したように装った上、、不動産会社社長の男にビルの一部を貸したとするうその賃貸借契約を結んだ疑い。4人とも容疑を否認している。
 ビルを巡り、暴力団排除条項に基づいて売買契約を解除したのに立ち退かないのは違法だとして、所有者の女性が4月、建物の明け渡しを求める訴訟を仙台地裁に起こし、係争中。


関連ページ: 宮城 社会

2017年10月19日木曜日


先頭に戻る