宮城のニュース

<楽天>高梨ゲッツー 正念場切り抜けた「ベストを尽くすだけ」

7回ソフトバンク1死一、二塁、長谷川勇を二ゴロ併殺に仕留め、拳を握り締める東北楽天3番手の高梨

 両チーム全得点がソロという空中戦で、正念場は終盤に訪れた。東北楽天が3−1で迎えた七回1死一、二塁。ソフトバンクが左の切り札長谷川勇(山形・酒田南高−専大出)を代打に送った瞬間、梨田監督は迷わず左腕の高梨を投入した。
 高梨はスライダーを軸に攻めた。勝負の5球目もスライダー。「(走者2人をかえされ)同点になる長打を警戒した。ゴロを狙ったわけではないが、結果的に強いゴロで併殺になった」。4−6−3でピンチを切り抜けた。
 CS4戦目の登板も無失点。打者7人のうち6人が左で被安打ゼロ。球の出どころが見えづらい横手からの変化球を武器に左キラーの地位を確立しつつある。
 打球を処理した藤田も陰の功労者だ。七回に守備固めで入ったばかりの名手は「飛んでくるなら(併殺になった)あのコースの強い打球か一、二塁間のボテボテのゴロ」。絶妙な位置取りで左腕の好投を支えた。
 「必要とされた場面でベストを尽くすだけ」と高梨。梨田監督は「藤田もいいプレーをした。みんなの勝利かなと思う」と顔をほころばせた。(剣持雄治)


2017年10月19日木曜日


先頭に戻る