岩手のニュース

野焼きの煙が死亡事故誘発 男性を書類送検

 野焼きの煙でドライバーの視界を妨げて交通死亡事故を誘発したとして、遠野署は18日、道路法違反の疑いで、遠野市の農業男性(78)を書類送検した。
 送検容疑は今年4月4日午後4時45分ごろ、同市土淵町栃内21地割の国道340号ののり面で枯れ草を焼き、交通を妨害した疑い。
 遠野署によると、2メートル先が見えないほどの煙を避けようとして遠野市土淵町栃内6地割、パート佐々木美希子さん(45)の乗用車が車線をはみ出し、対向車と正面衝突する事故が発生。佐々木さんの車に乗っていた四女幸恵ちゃん=当時(2)=が死亡した。
 のり面は県有地で、毎年春に市民がボランティアで野焼きをしていた。男性は「道路に煙が流れていることは分かっていたが、事故が起きるとは思っていなかった」と容疑を認めている。


関連ページ: 岩手 社会

2017年10月19日木曜日


先頭に戻る