宮城のニュース

<楽天>辛島光る巧投「先発の仕事できた」ほっとした表情

ソフトバンク―東北楽天 東北楽天先発の辛島=ヤフオクドーム

 東北楽天先発の辛島は緩急を駆使して強力打線のタイミングを外し、六回途中1失点と粘った。「先発の仕事はできた」とほっとした表情で振り返った。
 直球は130キロ台前半ながら、緩いカーブを多投して相手打線を惑わせた。「ボール自体が良く、変化球もうまく抜けた」。150キロ超の球を投げる千賀より見劣りする直球だったが、要所でずばっと決まった。
 今季は19試合に先発し、登板間隔が2週間ほど空くのも珍しくなかった。1日以来の登板で役目をしっかり務め、「(先発が)きっちり回っていなかったのが生きた」と控えめに勝利の喜びをかみしめた。


2017年10月20日金曜日


先頭に戻る