宮城のニュース

<南三陸町長選>あす投票 現職と新人の一騎打ち

 任期満了に伴う南三陸町長選は22日投票が行われ、即日開票される。ともに無所属で4選を目指す現職の佐藤仁氏(65)と新人の一般社団法人代表阿部寛行氏(55)が立候補している。
 佐藤氏は東日本大震災からの復興事業の継続性を強調し、「復興計画完了までの残り3年半、このまま突き進むしかない」と訴える。子育て支援の拡充や財政の引き締めを約束する。
 阿部氏は現町政を「お仲間としがらみの政治」と批判し、町民主体のまちづくりを主張。「ここで風を起こす。震災の経験をもとに、日本一の共助の町をつくりたい」と呼び掛ける。
 投票は22日午前7時〜午後6時、町内13カ所で行われる。開票は町総合体育館で午後8時から。16日現在の有権者は1万1558人。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2017年10月21日土曜日


先頭に戻る