宮城のニュース

窯元自慢の品集結 宮城・村田「蔵の陶器市」開幕

全国の窯元の多彩な作品が並ぶ陶器市

 宮城県村田町中心部の蔵の町並みで20日、全国の窯元が作品を展示、販売するイベント「蔵の陶器市」が始まった。22日まで。
 町内のNPO法人「むらた蔵わらし」が主催し、17回目。東北や関東を中心に75の窯元が茶わんや湯飲み、大皿などを持ち寄って並べた。多くの来場者が訪れ、蔵の町並みの散策を楽しみながら、お気に入りの一品を探した。
 毎年出展しているポルトガル出身で白石市在住の陶芸家ジョゼ・ファロンバさん(74)は「来場者が増えてきてうれしい。地域の財産である蔵と一緒に陶器を楽しんでほしい」と話す。
 午前10時〜午後5時半。22日は午後4時まで。連絡先はむらた蔵わらし080(6025)6691。


関連ページ: 宮城 社会

2017年10月21日土曜日


先頭に戻る