宮城のニュース

<楽天>5―7で敗れ勝ち星タイに CSファイナルステージ

ソフトバンク―東北楽天 1回、勝ち越しを許し与田コーチ(92)から指示を受ける東北楽天先発の則本(左から2人目)=ヤフオクドーム

 プロ野球日本シリーズ出場権を争うパ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦が20日、福岡市のヤフオクドームで行われ、レギュラーシーズン3位の東北楽天はシーズン覇者のソフトバンクに5−7で敗れた。ソフトバンクのアドバンテージ1勝を含め、勝数が2で並んだ。

 東北楽天は先発したエースの則本昂大投手が序盤に5点を失い、七回で降板。5−5の八回、2番手の福山博之投手が中村晃外野手に右越えの決勝2ランを浴びた。打線は五回にアマダー内野手の2ランで追い付いたが、六回以降は1安打に抑え込まれた。
 ファイナルステージは6試合制。21日の第4戦で東北楽天は勝てば、ソフトバンクは勝つか引き分ければ日本シリーズ進出に王手をかける。


<今日のことは忘れる/東北楽天・梨田昌孝監督の話>
 八回は福山しかいないと思ったが、連投の疲れもあったのだろう。今日のことは忘れて、あしたから。(先発する)岸にまた頑張ってもらうしかない。


2017年10月21日土曜日


先頭に戻る