宮城のニュース

<楽天>アマダー同点弾 和田攻略実らず

5回東北楽天1死一塁、アマダーが左中間に同点2ランを放つ(坂本秀明撮影)

 「打ったのは良かったが負けてしまったから…」。五回に値千金の同点2ランを放った東北楽天のアマダーは喜び半分の表情だった。百戦錬磨の左腕和田から5得点し、五回で引きずり下ろしたが、その後は勝ち越せずじまい。梨田監督は「同点にした後にあと1点入っていればね」と嘆いた。
 打線は先発則本をもり立てた。一回に島内が先制打。1−2の二回も茂木、藤田の連続適時打で2得点し、すぐ逆転した。3−5の五回はアマダーが2ランで試合を振り出しに戻した。
 相手の好守で流れを逸する場面も続いた。三回2死二塁では聖沢の左中間を破りそうな当たりが好捕された。五回は6番アマダーの2ランは出たが、先頭の4番ウィーラーの左中間への大飛球が捕られた。2本とも今季CS初起用の中堅城所にスーパーキャッチされ、2点を阻まれた格好だ。
 工藤監督が継投に転じた六回は2死二塁にするも、銀次が左腕嘉弥真に空振り三振。3度の得点機で無安打の銀次は「どこかで打てていれば展開は違った」と悔しさをにじませた。
 森、岩崎、サファテと速球派が続いた七〜九回は走者も出せなかった。池山チーフコーチは「150キロ以上投げる相手が次々と出てくるのだから仕方ない。和田から5点取っただけでも頑張ったよ」と打線をかばった。
(金野正之)


2017年10月21日土曜日


先頭に戻る