広域のニュース

<衆院選>「民主党」は○も「民主」は? 総務省が比例投票有効例

 衆院選(22日投開票)の比例代表を巡り、総務省は有効投票となる参考例を都道府県選管に通知した。民進党が分裂し、希望の党と立憲民主党が公示直前に結成された経緯を踏まえたが、「民主党」と書いた場合は有効なのに、「民主」は見解を示さず曖昧な点も残る。有効かどうかを判断する開票管理者は1票1票に頭を悩ませそうだ。
 同省が示した有効投票例(東北ブロック分)は表の通り。立憲民主党は略称の「民主党」に加え、「立」「立憲」「立民」も有効とした。
 一方で「民主」は盛り込んでいない。自由民主党(自民党)、社会民主党(社民党)にも同じ文字が含まれ、判断しにくいためだ。
 同省選挙課は「開票管理者が一つ一つ記載を見て開票立会人の意見を聞き、最終的に決定する」と公選法の原則論にとどめる。
 希望の党は略称の「希望」と「希」も有効例に挙げた。「民進党」は今回候補者を擁立せず、他党の名称や略称にも使われていないことから「民進」とともに無効になるとみられる。
 同課は「政党の名称か略称を正確に書いてもらうことに尽きる」と呼び掛ける。


関連ページ: 広域 政治・行政

2017年10月21日土曜日


先頭に戻る