宮城のニュース

<宮城知事選>きょう投開票 県政継続か、刷新か

 任期満了に伴う宮城県知事選は22日、投票が行われ、即日開票される。野党系の新人と与党系の現職による一騎打ちとなり、3期12年続いた現県政の継続か刷新かが最大の争点に位置付けられた。
 立候補しているのはともに無所属で、新人の元団体役員多々良哲氏(59)=共産推薦=と、4選を目指す現職の村井嘉浩氏(57)の2人。選挙戦では、東日本大震災からの復興の方向性や、震災後停止している東北電力女川原発再稼働の是非、少子高齢化への対策などが問われた。
 多々良氏は「人・食・環境を大切にする宮城へ」を掲げ、震災被災者や県民の暮らし、福祉を重視した県政への転換を主張。女川原発の再稼働反対を公約の柱に据え、中小企業や農林漁業の支援なども訴えた。
 村井氏はものづくり産業の集積を進めた「富県戦略」に加え、「創造的復興」として仙台空港の民営化や大学医学部の新設などに取り組んだ実績を強調。「復興完結へ」を合言葉に、県政の継続に理解を求めた。
 投票時間は午前7時〜午後8時(28市町村で繰り上げ)。9日現在の有権者は194万6919人(男性94万1506人、女性100万5413人)。

<知事選立候補者>
多々良哲 59 元あいコープ専務理事 無新(共推)
村井嘉浩 57 知事         無現


2017年10月22日日曜日


先頭に戻る