宮城のニュース

<宮城知事・衆院W選>期日前投票、台風接近で最大2時間待ち 諦めて帰る有権者も

有権者で混雑する期日前投票所。順番待ちの長い列ができた=21日午後、仙台市青葉区のアエル

 超大型の台風21号が列島に接近する影響で、22日投開票の衆院選、宮城県知事選を前に、仙台市内の期日前投票所は21日、終日混雑した。
 青葉区のアエルでは午前10時〜午後8時の開場時間に入場者が途切れず、長蛇の列ができた。「最大約2時間待ち」となる時間帯もあり、投票を諦めて帰る有権者もいた。
 泉区役所で午後2時ごろ、投票を終えた泉区の主婦(67)は「30〜40分待った。あすの雨風が心配なので来たが、こんなに混み合うとは思わなかった」と疲れた様子だった。
 市選管の担当者は「悪天候を見越し、投票を済ませようとする有権者が殺到した。これだけの混雑は初めて」と驚いていた。
 青葉区の選挙担当者は通常、災害担当も兼務している。台風の接近で22日に災害対策本部を設置する場合、選挙担当者の一部を災害担当に回し、他の部署の職員を選挙に従事させる方向で調整しているという。


2017年10月22日日曜日


先頭に戻る