宮城のニュース

<楽天>CS最終S第4戦 3−4で競り負け、タカ王手

6回東北楽天2死二塁、銀次が空振り三振に倒れて勝ち越しの好機を逃す。捕手高谷=ヤフオクドーム

 プロ野球日本シリーズ出場権を争うパ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第4戦(6試合制)が21日、福岡市のヤフオクドームで行われ、レギュラーシーズン3位の東北楽天はシーズン覇者のソフトバンクに3−4で競り負けた。2連敗でソフトバンクに3勝目(アドバンテージの1勝を含む)を許し、王手をかけられた。
 東北楽天は0−2の四回に銀次内野手の右越えソロなどで2点を挙げて同点とし、五回はウィーラー内野手の適時二塁打で1点を勝ち越した。しかし、六回に2番手の宋家豪投手が連続ソロを浴びて逆転され、その後は無得点に終わった。
 CSでは引き分けが生じて勝利数で並んだ場合、シーズン上位チームが勝者となるため、22日の第5戦でソフトバンクが勝つか引き分けると日本シリーズ出場が決まる。東北楽天が勝ち上がるには2連勝しかなくなった。

<何とか頑張らないと/東北楽天・梨田昌孝監督の話>
 CSファーストステージから救援陣はすごく投げているので、疲れがあるかもしれないが、何とか頑張らないと後がない。ただ、こういう(厳しい)状況は何度か経験している。みんなでやっていく。

東北楽天  000210000=3
ソフトバンク01100200×=4


2017年10月22日日曜日


先頭に戻る