宮城のニュース

<ベガルタ>茂木、攻守に駆け回りチームを鼓舞

 茂木が後半28分、古林に代わって右ウイングバックで途中出場した。早々にシュートを放つなど見せ場をつくったが、「もっと落ち着いてプレーしたかった」と力なく振り返った。
 「ホームだし、もっと前に攻めてやろう」と試合に入り、攻守に駆け回りチームを鼓舞した。後半終盤のゴール前のFKでは、志願して蹴る積極性を示した。
 勝利には貢献できなかったが、途中出場した前節川崎戦ではバーに当たるシュートを放つなど、着実な成長を見せる。「(ウイングバックの)右も左もできるようにしたい。もっと練習してプレーの精度を上げたい」と今後の活躍を誓った。


2017年10月22日日曜日


先頭に戻る