宮城のニュース

<CSファイナル>楽天終戦、力負け 先制機に一打欠く

【東北楽天0−7ソフトバンク】6回東北楽天無死一、二塁、遊ゴロの併殺に倒れた銀次(手前)。中央は梨田監督=ヤフオクドーム

 東北楽天は投打に精彩を欠いて3連敗。CSファイナルステージで敗退した。
 先発美馬は一回に内川の犠飛と松田の2点二塁打で3点を奪われ、四回は松田に2ランを浴びた。救援した藤平が1点を許し、八回は4番手釜田が7点目を失った。打線は一回1死二塁から一打を欠いて先制機を逸し、六回の得点機も生かせなかった。
 ソフトバンクは先発武田が緩急をつけた投球で7回無失点。八回からは3投手の継投で締めた。復帰した柳田は2安打と活躍した。

 ソフトバンク−東北楽天第5戦(ソフトバンク3勝2敗)
東北楽天  000000000=0
ソフトバンク30030001×=7
 ヤフオクドーム、13時、35,387人
(勝)武田1試合1勝
(敗)美馬1試合1敗
(本)松田1号(2)(美馬)

☆イヌワシろっかーるーむ

<高梨雄平投手(六回2死二、三塁で柳田を打ち取り、CSの8試合中7試合の救援登板で無安打無失点)>「シーズン中よりいい場面で使ってもらい、走者がいてもある程度、結果を出せた。投手としての技術が上がった。来季に向け、もっと磨いていきたい」


2017年10月23日月曜日


先頭に戻る