宮城のニュース

秋の城下町を和装で彩る「きものまつり」きょうまで

着物ショーに出演したしらいしさん(中央)ら

 秋の城下町を和装で彩る「第14回白石城下きものまつり」が、宮城県白石市中町の寿丸屋敷と「すまi(い)るひろば」で開かれている。22日まで。
 21日は、インターネットサービス「生テレ」で展開された「東北きもの美人オーディション」の上位入賞者による着物着付けショーを初めて開催。1位で同市出身のタレントしらいし由梨さん、2位で気仙沼市出身のフリーモデル佐藤碧泉(あおい)さん、3位で仙台市のタレント白柏(しらかせ)美緒さんら5人が着物姿を披露した。
 オーディションには東北出身か、ゆかりのある女性21人が参加し、PR動画を約1カ月間配信して獲得ポイント数で競った。表彰式の後、しらいしさんは「大好きな地元を元気にする役に立ちたい」と話した。
 22日は午前10時〜午後3時。同市在住の歌手佐藤美佐子さんのライブやダンスショーがある。古布を使った作品の展示、和装関連商品の販売なども行う。連絡先は白石まちづくり会社0224(25)6054。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2017年10月22日日曜日


先頭に戻る