宮城のニュース

<南三陸町長選>佐藤氏が4選 大差で新人阿部氏破る

4選が決まり、支持者と万歳をする佐藤氏(左)=22日午後9時35分ごろ、南三陸町の事務所

 任期満了に伴う宮城県南三陸町長選は22日投票が行われ、即日開票の結果、無所属現職の佐藤仁氏(65)が、無所属新人で一般社団法人代表の阿部寛行氏(55)を破り、4選を果たした。
 午後9時半ごろ、佐藤氏当選の報が入ると、事務所に歓声が上がった。約100人の支持者の前で佐藤氏は「東日本大震災の復興は途上だ。持続可能な南三陸を次の世代につなぐため、チャレンジ精神旺盛に課題に立ち向かっていきたい」と意気込んだ。
 選挙戦で佐藤氏は「復興の総仕上げ」を掲げ、住宅の高台移転を進めたことなど実績を訴えた。後援会組織がフル回転し、国会議員や知事、他の首長らも応援に駆け付けた。
 阿部氏は復興支援活動の経験を踏まえ町民主役のまちづくりを訴えた。JR気仙沼線の鉄路復旧を再検討することも強調したが、出馬表明が告示直前になるなど知名度不足が響き、支持が広がらなかった。
 当日の有権者は1万1428人。投票率は61.38%。前回(2013年)を16.74ポイント下回り、過去最低を更新した。

南三陸町長選開票結果

(選管最終)
当 5,020佐藤  仁 無現(4)
  1,908阿部 寛行 無新 


関連ページ: 宮城 政治・行政

2017年10月23日月曜日


先頭に戻る