宮城のニュース

<Lアラート>台風の防災情報閲覧できぬ状態に

 宮城県は22日、台風21号の対応で、報道機関などに避難情報を伝える災害情報共有システム(Lアラート)に不具合があり、県内の市町村が総合防災情報システム(MIDORI)に入力した情報を報道機関が閲覧できない状態になっていたと発表した。県危機対策課によると、閲覧できなくなったのは大崎市、登米市、蔵王町など9市町村の情報。同課が原因を調べている。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2017年10月23日月曜日


先頭に戻る