宮城のニュース

<商人まつり>特産品や音楽 商店街で満喫

手作りのイチゴジャムなどを販売する亘理高の生徒

 亘理町の中心商店街を会場に地元の特産品や、音楽を楽しむイベント「第13回わたりトコトン商人( あきんど )まつり」が22日、五日町、中町両商店街であった。台風の影響であいにくの雨となったが、大勢の客が買い物を楽しんだ。
 歩行者天国にした両商店街約700メートルに、商店主らが約70ブースを出店。郷土料理はらこめしや旬の野菜などが並んだ。亘理高の生徒も出店し、地元産イチゴを使った手作りジャムや自分たちが育てたネギなどを格安で販売。同高3年の伊藤隆弘君(17)は「地域の人に喜んでもらえてうれしい」と笑顔で話した。
 五つのステージで繰り広げられた「街角ライブ」では、町のアマチュアミュージシャンらが出演し、会場を盛り上げた。商工会の丸谷由郎会長は「回数を重ね、祭りのファンも増えてきた。雨にもかかわらず多くの方に来場していただきありがたい」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2017年10月24日火曜日


先頭に戻る