宮城のニュース

<楽天>「下克上」願い届かず…CSファイナル敗退 コボパPVに1000人

PVで東北楽天の日本シリーズ進出を願って選手に声援を送るファン

 プロ野球の東北楽天がソフトバンクとのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第5戦(福岡市・ヤフオクドーム)に臨んだ22日、仙台市宮城野区のKoboパーク宮城(コボパ宮城)でのパブリックビューイング(PV)にファンが集まった。約1000人が懸命の声援を送ったが0−7の完敗。「日本シリーズへ」の願いは届かなかった。(14.15面に関連記事)
 台風21号接近に伴う雨の中、開放されたイーグルスドームと内野スタンドで試合を見守った。仙台市連坊小路小5年長谷川莉央(りお)さん(10)は「(先発の)美馬学投手に相手打線を抑えてもらい、安打や本塁打をたくさん打ってほしい」と願った。
 試合は美馬投手が5失点を喫するなど、四回で0−6と苦しい展開。仙台市青葉区の会社員武藤佳久さん(46)は「ここから逆転してほしい。ウィーラー選手に本塁打を打ってもらいたい」と託した。
 打線が機能せず零封負けに終わると涙ぐむファンもいたが、最後は「よくやった、イーグルス」のコールでたたえた。青葉区の会社員斎藤亜知人(あちと)さん(32)は「シーズンを通じて選手たちが最後まで頑張る姿に感動した。胸を張って帰ってきてほしい」とねぎらった。


2017年10月23日月曜日


先頭に戻る